本文へスキップ




特定非営利活動法人

ヘルスケアセンター・フォルテ

フォルテ のWEBサイトへようこそ

 
  病と心は切り離せません、言うならば表裏一体なのです。
  どちらかの痛みを軽くすることができれば、重くて動け
  なかった足が一歩前へ踏み出せます。その後押しをする
  べく、それぞれの「不」を軽減し、
治療に前向きに取り
  組む態勢を整え顔をあげて自分の人生を主役として
生き
  抜くことを支援致します。

               

NEW
news

 私たちは、免疫細胞療法の公的保険適用を早期に実現するための署名活動を広げています。
 ご協力をお願い申し上げます。

適用が1年遅くなると年間で数万人の命が失われる計算

 がんは肺がんに限らず、再発した場合完治させる
治療法が確立されていない死につながる難病です。
また、多くのがん患者さんは、術後の再発を日々
気にかけながら生活を送り続けています。もし高い
確率で再発を抑える治療が可能ならばそれは今すぐ
にでも保険が適用され、誰でも望めば受けることが
できるようになるべき治療なのです。

論文中の患者全体の5年生存率、さらに無再発5年
生存率どちらを見ても、免疫細胞治療を受けた場合
と受けなかった場合でその差は30%以上と大きな差
が生じています。ハザード率から見れば免疫療法を
施行した場合に全体で4倍以上、無再発で2倍以上の
5年生存率であります。再発を防ぐことができれば
完治ということになりますし、従来の治療法と比較しても4倍以上の人が5年間の生存が期待できることを示しています。

免疫細胞療法を受けていても再発してしまう人は
もちろんいます。しかしそれでも5年生存率に差が
出てくるのは、再発までにかかる時間が延ばせる
可能性を示唆しています。

高い生活の質(QOL)を保ちながら寿命を延ばすと
いう効果から見ても十分有効性が認められる治療法
であるといえるでしょう。
すべての癌種にたいして、この種の臨床試験が行われてきたわけではありません。しかし理論上はこの
治療法を現在のあらゆる種類のがん治療の中核に
置くことによって、年間で数万人以上の命が助かる
と推察されます。

年々増加する医療費に関して言えば、再発を抑える
ことでその後の治療費がなくなるわけですので、
結果的には行政の財政の負担も大幅に減らすことが
可能な治療と言えます。

私たちは、この治療法が、金銭的な負担を考慮せずに誰でも受けられるようになるための早急な健康
保険の適用または何らかの治療に対する補助を国に
求める活動を進めます。

適用が1年遅くなれば、年間で数万人の命が失われることになります。助けられる命を救いたい、すべてのがん患者会の思いはここにあるのではないでしょうか。

私たちが進めるこの運動にご理解をいただき、一人でも多くの方に、ご協力をいただきたいと願っています。

ご協力いただける方はこちらのページから
           
2014年7月4・5日
白金『蛍祭り』で署名運動をしました。白金プラザ 12:00〜20:00     南北線・都営三田線 白金高輪駅4番出口をでてすぐ
2015年5月26日
元千葉県がんセンター副センター長の木村秀樹先生による免疫細胞療法によるがん再発予防の重要性についての講演会が開催されました。

お知らせtopics

 


 Dr.Noguchi
 がん最前線


 ←CLICK詳細ページへ
 Coming soon
 「がん免疫細胞療法に
 ついて

 個人情報について
 
十分な配慮をさせていただ
 いています。ご本人の承諾
 の無いものは掲載して
 おりません。
        
 ←CLICK詳細ページへ

 
 セミナー


 ←CLICK詳細チラシへ
 NEW
 What's 交流会
 「がん免疫細胞療法による
 がん再発予防の重要性に
 ついて
 
 担当&日程   

 相田
 平林
 
 ご予約はこちら  
 ←CLICK詳細ページへ


2014年 3月24 日
東京センチュリーライオンズクラブ様より協賛金をいただきました。     
2014年 3月 日
新役員の選出が行われました
2014年 3月17日
サイトをオープンしました。

ヘルスケアサポートセンター 
FORTE (フォルテ)

メールでのお問い合わせは↓
   こちらをCLICK
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿
3-29-1クロースポイントビル4F

TEL 03-5475-6430
FAX 03-5421-3433

※ブログなどへの無断転載は
 おやめください